フォト
無料ブログはココログ

« ほんごさとこさん 須古典明さん | トップページ | おすすめライブ »

2015年5月19日 (火)

限定することとゆっくり弾くこと

アドリブ練習するときにスケールもたくさんあるし、覚えることはたくさんだし

なかなか大変だなあって思ったりするものですが。
たしかに大変で道のりはなかなか険しいです。
これをやればジャズをすぐできるってのは残念ながらいまのところないですね。
時間は絶対かかるようになってます。
だからこそ根気と同時に少しづつ習得していく過程を楽しむことが2つ大事になってきます。
これを忘れなければ必ずうまくなるし段々自信につながってきます。
たとえばメジャースケールを練習するとしましょう。
ポジションがたくさんあってこんなの覚えられないよっと思ったとして。
それは一気に消化しようとしてるからです。
焦っていいことはあまりありません。
急いで覚えたとしてアドリブでほんとに使えなかったら意味がないわけです。
ほんとの意味で使えるようになるってことはやはりそれなりに時間がかかります。
そこでポジションを限定しましょう!!
5フレットあたりならそこの1部分だけ使えるように練習します。
2〜3弦くらいの音を使って練習します。
一見チマチマして習得が遅いようですが結果的には1番早いです。
アドリブの練習で重要なことは
1 テーマを自分なりに演奏できる
2 コードトーンを把握する
3 音を限定して少ない音で自分になりに最初から話してみる(演奏してみる)
4 好きな演奏をする人のノリを何度も何度も聴いて身体にいれる。
5 人と演奏する
これが主に大事なことです!!
道のりは大変ですが1つ1つ身につければ後々自分にとっておおきなものが
帰ってきます!!
レッスンもぜひお越し下さいませ!!
1つ1つ一緒にがんばりましょう!!

« ほんごさとこさん 須古典明さん | トップページ | おすすめライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1710617/60055158

この記事へのトラックバック一覧です: 限定することとゆっくり弾くこと:

« ほんごさとこさん 須古典明さん | トップページ | おすすめライブ »